吹き替え放送

身の回りの事、興味を持ったものをのんびり書いていきます。

知らなきゃ損!auスマートバリューのお得な情報

どうも、しおたろうです。

 

月々の通信費ってどれくらい払っていますか?

インターネットにスマホタブレットと気がつくと結構な額を払ってしまってませんか?

そんな通信費ですが安くしようと思っても料金の仕組みがわかりにくく、いろいろ考えてくるうちに面倒くさくなって、また今度考えようとなってしまう事も多々あるのではないでしょうか。

 

そこで今回はauスマホをもっている方にとって支払いが安くなる嬉しいサービスを紹介します。

 

auスマートバリュー

auスマートバリューというサービス名はどこかで聞いた事あるのではないでしょうか。TVCMでもよく流れています。

 

f:id:siosiotaro:20161026191706j:image

出典:auスマートバリュー 

auスマートバリューは指定のネット・固定電話とauスマートフォンを両方契約するとスマートフォンの月額料金が割引される、お得なサービスです。

指定のネット・固定電話サービス

スマートバリューを適用させる為には以下の会社の回線を使用する必要があります。

  • auひかり
  • auひかりちゅら(沖縄県
  • 電力系インターネットプロバイダ(コミュファ光・eo光・ピカラ光・メガエッグ・BBIQ
  • J:COM
  • 提携のケーブルテレビ局(一部ケーブルテレビ局ではネット・電話だけではなくTV・INでもスマートバリュー対象になります。)

KDDI自社のサービスだけでなく、電力系サービス、提携ケーブルテレビ局と幅広く対応できるのが嬉しいところです。

割引額はどのくらい?

auスマートフォンの利用料金の割引金額は契約しているデータ容量プランによって変わります。以下の通りとなります。

☆データ定額プラン別の割引額

データ定額プラン 2年まで 3年目以降
データ定額1 934円/月 500円/月
データ定額2・3 934円/月
934円/月
データ定額5・20 1,410円/月
データ定額30 2,000円/月

このように割引が適用されます。そしてこの割引はスマートフォン1台ごとに適用されます。 

いろいろな割引パターン

1人で契約しても割引はされますが、スマートバリューの利点は家族も割引の対象になるところにあります。

例えば4人家族でauスマートフォン(プランはデータ定額5)を4台持っていた場合の割引を考えると

  • 1,410円 × 4台 = 5,640円

家族全員で毎月5,640円も利用料が浮きます。固定通信サービスの月額利用料は6,000円前後なので、固定回線料金分安くなる計算になります。家の中では無線LANを使ってスマートフォンのデータ使用量の節約もできますので、外に出たときも安心してネットを使う事が出来ます。

こんな人にもお勧め

9月から新しいサービスも始まりました。 f:id:siosiotaro:20161026215054j:image

出典:auスマートバリュースタートサポート 

スマートバリュー対象外の固定通信サービスを使用している方が、スマートバリュー対象サービスに乗り換えてスマートバリューに加入した時に、インターネット解約違約金相当額を最大30,000円還元となるサービスです。

 わかりにくいので、表にしてみました。

  スマートバリュー インターネット
固定電話回線
携帯電話  
乗り換え前 未加入 フレッツ光(NTT) au  
乗り換え後 加入 auひかり au 乗り換時解約違約金
最大30,000円還元

乗り換え前

乗り換え後

  • 固定通信回線をauひかりに乗り換え
  • 対象の固定通信回線とauスマートフォン両方がそろったのでスマートバリューへ加入

ポイントはスマートバリュー対象外の固定通信サービスから、スマートバリュー対象の固定通信サービスに乗り換える必要があるということになります。

  • フレッツ光(対象外) → BBIQ(対象) 適用OK
  • BBIQ(対象) → auひかり(対象) 適用NG

このように、スマートバリュー対象の固定通信サービスからの乗り換えはスタートサポートの特典はつきません。

 

現在auスマートフォンを使っているけど、家の固定通信回線サービスはNTTやソフトバンクを使っているという場合は、スマートバリューが適用されるサービスに乗り換えたほうがかなりお得です。むしろ、乗り換えない理由はないかもしれません。

スタートサポートのおかげで乗り換えの際に発生する違約金についても最大30,000円還元(au WALLTEカードにポイントで還元)されるので、ほぼ初期費用はかからずに乗り換えできます。

ぜひ、この機会に乗り換えを考えてみてはいかがでしょうか。