吹き替え放送

身の回りの事、興味を持ったものをのんびり書いていきます。

auスマートバリューが使える固定インターネット回線3社を紹介するよ。【鹿児島市内】

どうも、しおたろうです。

 

前回の記事でもありましたが、スマートバリューを適用させるためにはauスマートフォンと対象の固定通信サービスに加入する必要があるという事でした。

f:id:siosiotaro:20161028001807p:plain

auひかりは全国展開しているサービスなのですが、電力系サービス、提携のケーブルテレビ局等はそれぞれの地域によって加入できる会社も違えば料金も変わってきます。

そこで、今回は私の住んでいる鹿児島市でスマートバリューに対応するインターネットサービスの紹介をします。

現在、鹿児島市に住んでいらっしゃる方だけではなく、転勤や進学等で鹿児島に引越ししてくる方も参考にしてみてください。

 

対象の固定通信サービスを調べます

まず始めに、鹿児島市でスマートバリュー対象の固定通信サービスを調べてみます。

auのホームページにエリア検索のページ(auスマートバリューエリア検索)があります。郵便番号で検索すると対象サービスの一覧が出てきます。

私の住んでいるところでスマートバリュー対象の固定通信サービスは

  • auひかり
  • BBIQ
  • BTVケーブルテレビ株式会社

au系、電力系、提携ケーブルテレビ局と3社がスマートバリューに対応しています。

それぞれの会社のサービス内容をみてみます。

auひかり

最初にauひかりです。このサービスは全国展開しており、家の中まで光ファイバーで提供するタイプ(FTTH)のサービスです。同じく全国区のサービスであるNTTの「フレッツ光」と比べられることが多いです。フレッツ光と比べると、回線速度は同等ですが月額料金は安いなんて話も聞きます。

月額料金(ホームプラン)

au光の月額料金(ネット)

プラン名 回線速度 月額料金 固定電話 縛り期間
ずっとギガ得プラン 1Gbps 1年目 5,100円
2年目 5,000円
3年目以降 4,900円
500円/月 3年間
ギガ得プラン 1Gbps 5,200円 500円/月 2年間
標準プラン 1Gbps 6,300円 500円/月 なし

※プロバイダー料金も含んでいます。※上記、料金には機器レンタル料は含まれます。

 

auひかりの料金には3つのパターンがあります。違いは縛り期間の長さの差です。長期利用の約束で月額料金が安く使えます。「標準プラン」と「ずっとギガ得プラン」で比べると月1,000円以上かわってきます。 

☆スマートバリューを適用させるためには固定電話サービスも契約する必要があります。

選べるプロバイダー

auひかりはNTTほどではないですが、プロバイダーを選ぶことができます。例えばフレッツ光で契約しているプロバイダーがauひかりにも対応しているのであれば、メールアドレス等変更することなくそのまま使うことができます。

☆対応しているプロバイダー

  • au one net
  • @nifty
  • @T COM
  • ASAHIネット
  • BIGLOBE
  • DTI
  • So-net

上記、7つのプロバイダーが選べます。基本的にはどのプロバイダーを選んでも月額料金に差はありません。ただ、BIGLOBEとSo-netはプロバイダー独自に割引特典があります。そのため、他のプロバイダーと比べると人気があります。

ただし、36ヶ月未満でBIGLOBEを解約する場合は特典違約金として10,000円かかりますので気をつけてください。

初期費用

申し込む際に気になるのが工事費などの初期費用です。

auひかりではどうなっているのかというと、

  • 初期工事費37,500円

となっています。この金額は一括で支払うこともできますが、月々1,250円の30回分割払いも可能となっています。分割の場合は月額利用料に上乗せとなります。

ただ、初期費用相当額の割引サービスが用意されており、ネットと電話の契約の場合は月額利用金から1,250円引きとなっています。(ネットのみ契約の場合は750円)

この割引サービスを使うことで初期工事費は実質無料という形になります。

解約した場合の違約金は?

縛りがある以上、避けて通れないのが解約時の違約金にです。auひかりは全国区のサービスなので転勤などで引っ越した所がエリア外で解約となり違約金を支払うというケースは少ないかもしれません。契約変更や乗換えを検討する場合には解約違約金をしっかりと把握しておく必要があります。

☆解約違約金

プラン名 縛り期間 違約金
ずっとギガ得プラン 3年で自動更新 15,000円
ギガ得プラン 2年で自動更新 9,500円

auひかりの縛りは自動更新となっています。なので、新月以外に解約をすると違約金が発生します。

そして気をつけなければいけないのが、初期工事費相当の割引サービスを受けている場合です。30ヶ月以内で解約する場合は、工事費の残り分を一括で支払う場合も出てくるようです。

auひかりまとめ

「ずっとギガ得プラン」で固定電話を使うと5,400円から5,600円となります。auスマホを2台持っているとしたら、スマホ料金が3,000円程割引になりますので、実質の利用料金は2,500円くらいということになります。1Gbpsの高速回線がこの値段で使用できるのであればお得とも言えそうです。

auひかりのさらに詳しい情報(乗り換えのキャッシュバック)は下記リンクからどうぞ

【他社よりお得なauひかりサイトはここ!】

BBIQ(ビビック)

 ビビックは九州でサービスを提供している電力系のインターネットサービスです。auひかりと同じくFTTHサービスで、値段、サービスの質において評価が高いです。

鹿児島市内ではインターネットだけではなく、テレビサービス(地上、BS)の提供もしています。

月額料金

ビビックの月額料金を見てみます。

☆ビビックプラン別料金

プラン名 月額料金 ひかり電話 縛り期間
つづけて割ビック 4,400円(100Mbps)
4,700円(1Gbps)
500円 5年
自動更新
つづけて割 4,700円(100Mbps)
5,000円(1Gbps)
500円 3年
自動更新
標準プラン 5,500円(100Mbps)
5,800円(1Gbps)
500円 なし 

ビビックの回線速度はベストエフォート方式で100Mbpsと1Gbpsプランの2種類あります。

プランは3種類あり長期の縛りになることによって値段は安くなっています。長期5年縛りだと、スマートバリューを適用させるためにひかり電話を契約したとしても1Gbpsで5,200円となり、auひかりの5,600円 と比べると安くなっています。

プロバイダーに関してはビビックがプロバイダーになっているため、別途契約をする必要はありません。契約や解約をする際、お問い合わせをするときなどは窓口がはっきりするので便利です。ただ、NTTフレッツ光を契約しておりプロバイダーメールをそのまま使用したいという場合は、プロバイダーによっては低額でメールアドレスだけの契約がありますので、そちらを活用する方法もあります。

初期費用

申し込みをしてから開通するまでの工事費用は基本的には無料になっています。インターネットとひかり電話を同時に契約することでネット・電話どちらとも無料になっています。また、契約事務手数料は通常3,800円かかるのですがキャンペーンにより無料になることが多いです。

解約違約金

 ビビックの解約違約金は契約プランと契約期間にて細かく分かれています。

☆つづけて割ビック(5年で自動更新)

利用期間 違約金
12ヶ月未満 30,000円
12ヶ月以上24ヶ月未満 25,000円
24ヶ月以上60ヶ月未満 20,000円
62ヶ月以上 20,000円

☆つづけて割(3年で自動更新)

利用期間 違約金
12ヶ月未満 25,000円
12ヶ月以上24ヶ月未満 20,000円
24ヶ月以上36ヶ月未満 15,000円
38ヶ月以上 15,000円 

☆通常プラン

利用期間 違約金
12ヶ月未満 24,600円
12ヶ月以上18ヶ月未満 20,000円
18ヶ月以上24ヶ月未満

10,000円

割引率が一番高いつづけて割ビックの違約金が一番高くなっています。つづけて割ビックは5年で自動更新となっており、61ヶ月目のみ違約金なしで解約できます。ここを逃すとまた5年間は解約の際に違約金が発生します。

標準プランの場合は自動更新の形ではないので、2年以上使用した場合は違約金はなく解約ができるようになっています。その分月額料金は高く設定されています。

ビビックまとめ

ビビックの特徴としては、月額利用料は非常に安く設定されています。100Mbpsプランのつづけて割ビック(5年契約)であればスマートバリューを適用させるために固定電話のひかり電話を契約しても4,900円と5,000円を割る料金で使用できます。

デメリットとしてはエリアと長い縛り期間です。九州外へ引越しとなると解約するしかないので違約金が発生してしまいます。持ち家等で引越しをする事がないのであればauひかりよりも月額料金を安く抑える事ができます。

 

BTVケーブルテレビ

鹿児島市内でスマートバリューに対応している3社目です。auひかり.ビビックはインターネットサービスを中心とした会社でしたが、ここはケーブルテレビの会社になります。全国的にはJ:COMというケーブルテレビがありますが、鹿児島市内の場合には地元資本のケーブルテレビ局になるようです。今ではケーブルテレビもテレビサービスだけではなくネットサービス、固定電話サービスも提供してします。

月額料金

BTVケーブルテレビの場合はネットと電話でセット割引というのをメインで販売しているようです。

プラン名 回線速度 料金 縛り
超得割 100Mbps 6,900円 3年
とく割 100Mbps 4,000円 3年

超得割はテレビサービス、インターネット、固定電話サービスがまとまった割引サービスのようです。とく割はインターネットと固定電話サービスのセットのようです。

どちらとも、ネットと固定電話のサービスが含まれているので、スマートバリューを組むことは可能になっています。

初期費用・違約金

初期費用はどちらのプランも無料のようです。その代わりに36ヶ月の継続利用が条件となるようです。36ヶ月(3年間)以内の解約の場合は違約金が発生するようです。

BTVケーブルテレビまとめ

ネットと電話サービスで4,000円の料金はどこよりも安くなっています。テレビサービスをつけたとしても6,900円なので他のサービスと比べた場合は安いかと思います。

デメリットとしては回線速度が最大でも100Mbpsということでauひかり、ビビックが1Gbpsと比べた場合に速度では見劣りします。ただ、ユーチューブ等で動画を見るということであれば特に問題はなさそうです。それから、サービス展開は鹿児島市内となっていますが、全域には展開していないようです。ホームページから確認できます。(サービスエリア

※詳しいことはこちらから問い合わせできます。

 

まとめ

鹿児島市内スマートバリュー適用3社を見てみました。それぞれ一長一短といった感じかと思います。

月額料金でみるとBTVケーブルテレビが安いです。ただ、デメリットとしてエリアが狭いため市内全域で対応というわけには行かないようです。また、回線速度が他2社と比べると遅いのでヘビーユーザーにとっては物足りないかもしれません。

ビビックは月額利用料はケーブルテレビより多少高いですが、回線速度はau光と並んで1Gbpsサービスを提供しています。デメリットとしては5年間の縛り期間です。5年で自動更新となっており、一度更新をすると10年間で違約金がかからないのが1ヶ月だけということになってしまいます。その分月額は抑えられているので、持ち家で引越しがないということであれば良いかも知れません。

auひかりは月額利用料金で比べると一番高くなってしまいます。それでもNTTのフレッツサービスよりは安いです。回線速度が速いというのと全国区でのサービスになっているので、全国的に転勤がある人などは、解約することなく移動できるというメリットがあるかと思います。また、プロバイダーが選べるのでメールアドレスを持ち越すことができるのもメリットかと思います。

どこのサービスを選んでも、スマートバリューは適用されますしauスマートバリュースタートサポートの条件も満たせば、前の回線の違約金もauで最大30,000円まで還元してもらえるようです。

代理店を通して申し込むことで、代理店独自のキャッシュバックもありますので、乗り換えはしやすくなっているのではないでしょうか。

固定回線の通信料というのは普段あまり気にしていないかと思います。ただ、安い回線を選んだり、スマートバリュー等のサービスを使うことで簡単に削減できるものです。今一度、ご自身の家庭の通信料の見直しをしてみてはいかがでしょうか。