吹き替え放送

身の回りの事、興味を持ったものをのんびり書いていきます。

木製のiPhoneケースを購入したので、使ってみての感想を紹介するよ

どうも、しおたろうです。

 

今回はiPhoneケースの紹介をします。

 

ケースを選ぶ際の基準は人それぞれだと思います。普通の形のケースだったり、手帳型だったりとケースの形や素材の種類は多種多様にあり、どれにすれば良いやらと悩む事もあるかと思います。

今回、3年ほど使っていたケースが汚れてボロボロになってきたので、ケースを新調しました。

そこで、購入の際の参考になるかどうかはわかりませんが、新調したケースの紹介をしてみます。

 

ケース選びの際に重視したこと

今回、ケース購入の際には

  1. 長く飽きずに使えるもの
  2. 片手で使いやすく、かさばらない
  3. 他の人とかぶらない

この3点を重視して選びました。 

使用している携帯はiPhoneSEです。

 

まず第一の条件である「長く飽きずに使えるもの」となると、ごちゃごちゃしたデザインだと、最初のうちは良いのですが飽きがくるかと思います。

できるだけシンプルで、使っているうちに味わいが出てくる様な素材を探しました。そこで、候補として使っていくうちに経年変化が楽しめる素材という理由で、革製か木製となりました。

 

次の条件「片手で使えて、かさばらない」となると、手帳型のケースだと片手で使いにくなってしまうので、条件としてスリムタイプのシンプルなもので考えました。革製は手帳型が多くスリムタイプのものがあまりなかった為、木製ケースに絞り込みました 

 

3つ目の条件「人とかぶらない」は自分の周で木製ケースを使っている人はいなですし、あまり見かけた事がないのでこの条件に関してはあっさりクリアとなりました。

KNSK(クヌスク)  iPhone5/5s&SEウォールナット 

そんな感じで木製ケースを見ていて決めたのが「KNSK(クヌスク)」のケースに決めました。

f:id:siosiotaro:20161203130350j:image

特徴は非常にシンプルなデザイン。

ケースの内側部分にKNSKとMade in Japanの文字が刻印されています。ケースの外側部分には文字などは一切入っておらず、木目のみになっています。

f:id:siosiotaro:20161203131213j:image

そして、ひとつの木から削り出している為、接合部が一切なくワンピース構造になっています。

継ぎ目がないので、手に持った際にしっくりきます。厚さは1ミリ程度です。

天然木を使っている為、木目等は商品毎に変わってくるのもこの商品の特徴になっています。

iPhoneに装着してみるとこんな感じになります。

f:id:siosiotaro:20161203132516j:image

裏面はカメラの穴が開いているだけでその他のものは一切なし。

f:id:siosiotaro:20161203132554j:image

上下の部分は全体を覆うわけではなくカットされています。ただまっすぐにカットされているので、縦に自立できるようになっています。

サイドの部分はディスプレイよりわずかに高くなっており、直接接地しない様になっています。

f:id:siosiotaro:20161203132642j:image

音量ボタン部分です。操作等に支障なく使えます。

f:id:siosiotaro:20161203132707j:image

カメラ部分です。取り扱い説明書によると、iPhoneの個体差によりLEDフラッシュライトの光が反射して映り込む事がある様ですが問題無しでした。

取り付けての感想

取り付けてみての感想ですが、サイズはぴったりで、手に持った時の手触りが非常にいいです。木という事もあり柔らかを感じる手触りになっていますし、あたたかみを感じる事ができます。また、取り付ける際に割れる等の話もありましたが特に問題なく取り付ける事ができました。

ひとりの職人が全行程を責任を持って、品質最優先で作っている商品という事が納得できる仕上がりになっているかと思います。

使っていくうちにどの様になっていくのかが楽しみなケースとなりました。

 今回紹介したケース

今回紹介したのはKNSK(クヌスク)というメーカーのもので、iPhone5/5s and SE用のものです。購入したのはウォールナットを使用しているケースでたが、すでに売り切りになっているようです。そのほかの素材としてメープルや竹など木材を使ったケースが販売されています。ただ、品質優先の為か数に限りがあるので品切れになる可能性も高そうです。

メープル素材のケース

家具のなかではウォールナットと並んで人気のある素材です。白いiPhoneに合う感じです。

竹素材のケース

竹を使用したケース。こちらも接合部のないワンピース構造になっています。竹は使っているうちに飴色に変化していく為、経年変化が一番楽しめる素材かもしれません。

IPhone6/6sの木製ケース

iPhone6/6sの木製ケースもあります。

ウォールナット

メープル

KNSK iPhone6/6s 木製ケース メープル made in Japan

まとめ

今回紹介したのはKNSK(クヌスク)というメーカーのものでした。そのほかにも木製素材のケースはあるのですが、すべてが木のみでできているケースとなるとそんなに数はないように感じました。

レビュー等みていると割れるといった声もありましたが、自身で感じたのはかなり無理な力をかけない限りはそんなことには習いように思いました。このケースだけで画面の保護まではできないかと思いますが、画面のほうには保護フィルムを貼って対応しています。

初めて木製ケースを買ってみたのですが、手触り、見た目のシンプルさなど非常に満足の一品となりました。